人間には、たくさんの人と戯れることが好きな人もいれば、ひとりが好きだという人もいるのです。ひとりが好きな人はわりとわかりやすいはずです。そもそも人とあまり関わろうとしないので、そのような人を見たら「ひとりのほうが好きなのかな?」と思うでしょう。
ただ単にコミュニケーションが下手で仕方なくひとりでいる人もいるので、一概に言うことはできません。しかし、ひとりがいいという人にはある共通の特徴や、心理があるのです。
今回は、ひとりが好きな人の特徴や心理を紹介していきます。

一人の時間を大切にする

ひとりが好きな人は、当然ですがひとりの時間を大切にしています。
誰とも関わることのない自分の時間を満喫し、ひとりでいることでストレスを解消しているのです。
ひとりでいるときは「時間」を特に大切にします。ゴロゴロするときはとことんゴロゴロします。勉強をするときはとことん集中して勉強します。このように、ひとりの時間を集中して楽しむ傾向があるようです。

失敗が怖い

ひとりが好きな人の心理として「失敗を恐れている」ことがあるのです。
なぜなら、人と関わることでなんらかの失敗をしてしまったら、人間関係が崩れてしまうこともあるからです。
従って、そもそも人間関係など感じないようなひとりの時間を大切にするようになるのです。

スポンサーリンク


他人を必要としない

「自分でなんでもできる」と思っている人が多く持っている心理で、他人をそもそも必要としていない人もいるのです。
例えばひとり暮らしに慣れてしまった人や、家事や仕事などひとりでなんでもできてしまう人は、他人を必要としません。このような人も、ある意味でひとりのほうが好きなはずです。なぜなら、必要としない他人と一緒にいても面白くないからです。

集中している

あるひとつのことに集中している人、もしくは集中することが多い人は、ひとりのほうが好きな傾向にあります。
なぜなら、他の人がいた場合、気が紛れてしまって集中することができないからです。

人から見られたくない

自分の努力している姿やプライベートの情報など、他の人に見られたくないという人は、ひとりの時間が好きな可能性が高いです。
人から見られていると集中することができず、自分の力を発揮することができないのです。その分、ひとりでいるときは恐いものなしという人も多いです。

スポンサーリンク


人に合わせるのが嫌

人に合わせるのが嫌だという人も、ひとりの時間が好きである可能性が高いです。
人に合わせると、なにかとストレスが溜まることがあります。例えば、協調性を求められ、足並みをそろえないといけないからです。
そういう人は、間違いなくひとりでいた方が力を出すことができるし、組織行動などは好まず、本来の力を見せることもありません。

トラブルが嫌だ

人と関わると、様々なトラブルを生む可能性があります。そのようなトラブルを「時間の無駄」と感じる人は、当然の如くひとりであることを望むでしょう。
人間関係にトラブルはつきものです。そのトラブルが起こるたびに嫌気をさす人ばかりです。過去に人間関係で嫌なことがあったという人も、その経験からひとりを好むというパターンもあります。

おわりに

今回は、ひとりが好きだという人の特徴を紹介しました。
ひとりが好きな人は、人がいなくても寂しくないので、その分人より強い一面もあります。しかし、組織行動や集団行動は大切なものなのも確かです。従って、ある程度は自分の時間以外も大切にしたほうが、うまく立ち回ることができるのではないでしょうか。