勤めていた会社を辞めて、新しく転職を考えているけど失敗が怖いと、つい思ってしまうものです。それで、思い切って転職できない人もたくさんいるのです。しかし、転職活動で失敗する人にはある共通点があります。その共通点を見直して自分を見つめなおしてみましょう。転職希望の人は積極的に転職活動をして、人生を変えていきましょう。
今回は、転職活動で失敗する人の特徴を紹介していきます。

キャリアやスキルなどの能力不足

単純に、キャリアやスキルが足りていないため、転職ができない人もいます。
レベルの高い会社であればあるほど、本人のスキルは求められます。従って、身の丈を考えることができない場合、転職活動は困難なものになるでしょう。

まったくの別業種を希望する

自分が勤めていた業種とは全く別の業種を希望する人も、転職活動に失敗する傾向があります。
勤めていた業種のキャリアがまったく役に立たない可能性があるということが、やはり転職活動では響いてしまうのです。別業種を希望する場合は、しっかりとその業種のことを調べて、面接等でその旨を面接官にわかってもらいましょう。

スポンサーリンク


転職の理由がネガティブ

転職の理由が、例えば「人間関係」「仕事が面倒だった」というネガティブな理由な人は、なかなか採用されません。
転職したい会社の人事担当も人柄を見るプロですので、転職理由は大体わかってしまうのです。この会社に入っても同じような理由で辞めてしまう可能性があるため、採用を渋ってしまいます。

自分の有能さをアピールしすぎる

自分の有能さをアピールしすぎる人も、なかなか転職ができない傾向にあります。
なぜなら「謙虚さ」を知らないということに当てはまるので、そもそも社会人としてどうなのかという評価をもらってしまいます。そうなってしまうと、いくらキャリアを積んでいても、面接担当からのウケは悪いのです。

イメージだけで会社選びをする

転職活動で失敗する人は、イメージだけで会社を選んでいる可能性があります。
イメージと違う会社に万が一入ってしまった場合、そのギャップに耐えられずにまた仕事を辞めて、そのまま負のスパイラルが続いてしまいます。
自分が転職したい会社のことはしっかりと調べるようにしましょう。それが、面接でも発揮され、本当に自分がやりたい仕事なのか見極めることにもつながります。

スポンサーリンク


事前に練習をしない

面接等で事前練習をしていないと、いかに転職前にキャリアを積んでいても、通用しないものです。
面接とはそれほど大切なもので、自分をアピールすることを怠る分、相手には自分のことをわかってもらえません。従って、転職に不利になります。

妥協ができない

転職活動で妥協ができない人も、転職で失敗する可能性が高いです。
いわゆる「高望み」している人のことで、入りたい業種だけのことを考えてしまっているので、どうしても視野が狭くなってしまい、適切な転職活動ができないのです。
他の業種のことも考えたり、適性検査等で自分をしっかりと理解することを心掛けましょう。

おわりに

転職活動で失敗をしてしまう人の特徴を紹介しました。転職活動に夢を見すぎている人は、やはり妥協ができずにそのままズルズルと転職できない状況が続いてしまう傾向にあるようです。
しっかりと、希望業種のことを調べて、できる限りの準備を行うことが大切です。