人を管理する立場は非常に大変です。自分の仕事をこなしながら、部下の仕事も監督しなくてはいけないので、猫の手も借りたい気持ちになるのではないでしょうか。
そんな中、自分の監督する部下が一人でも頼りになる存在の人がいたら、だいぶ仕事が楽になります。ついつい頼りきってしまうこともあるかもしれません。
今回は、頼りになる部下の特徴を紹介していきます。

自分のミスを自分でカバーできる

頼りになる部下は、自分でやらかしたミスの尻拭いは自分ですることができます。
これは、責任感の表れです。自分のミスをしっかりと反省し、改善に向けて努力したからこそ乗り越えたハードルなのです。次は絶対にそのミスはしないだろうし、ミスを解決する能力も身についていることがわかるわけなので、その部下はある程度放置していても勝手に成長してくれます。

ストレス耐性がある

頼りになる部下は、ストレスに強い場合があります。
ストレスに弱いと、いちいちケアをしなければならないし、仕事が大幅に遅れてしまう可能性があります。逆に、ストレス耐性がある部下の場合は、どれだけ怒られたとしてもストレスに感じないので、その後の仕事も何不自由なくこなすことができるのです。
これは、上司にとっては充分ありがたいことなのです。

スポンサーリンク


労を惜しまない

仕事を全力で頑張って、苦労を惜しまないような部下は、頼りになるのではないでしょうか。
仕事で功績をあげるためには、ある程度苦労をするということは必要です。自分の昇進のためでも、会社のためだとしても、自分から苦行の道を行くことによって、その部下はしっかりと成長してくれているのです。
その成長を見て、「こいつは頼りになるな」と感じることがあるはずです。

頼んだ仕事を快く引き受けてくれる

自分が急遽頼んだ仕事も嫌な顔せずに引き受けてくれる部下ほどありがたいものはありません。そのような部下を見ると、なんでもしてくれるいい部下だと思うはずです。
しかし、頼りすぎには注意が必要です。部下も人間なので、疲労はたまっているはずです。

職場内の人間関係が良好

職場内の人間関係が良好な部下も、頼ることができる要素が詰まっています。
職場の人間関係は非常に難しいです。ちょっとしたことでトラブルやパワハラに結びつくこともあります。
そんな中、どんな人間ともコミュニケーションを取れるような人は、人間として非常にできている人の場合が多いです。
その人が仕事ができるできないは抜きにしても、頼りになる人だと感じることがあるはずです。

スポンサーリンク


全体を見て柔軟に対応できる

全体を見て柔軟に対応できるような能力というのは、いわば「冷静であること」です。
冷静に物事を判断できる人は、それだけで人から頼られる力を持っています。
窮地でも力を発揮することができるので、そのような部下は頼りになること間違いなしです。

期待以上の成果を上げてくれる

これも単純にしてわかりやすいことですが、成果を上げることができる部下も信頼することができます。
単純に実力があるということなので、数値的に見てもその実力は保証されています。その力を信じてみましょう。

おわりに

頼りになる部下の特徴を紹介しました。
実力云々もそうなのですが、人間性を見ても惹かれるものが多い人が、頼りになるケースが多いです。そのような部下を持てると、「部下を監督する」という仕事の一部が減ったも同然ですので、上司からしたら非常にありがたいと思うはずです。
その部下に頼りきることだけは注意しましょう。