トラブルや精神的なストレスの原因は相手に期待しているから

他人に期待すること自体は悪いことではありません。しかし、他人を期待しているとその期待に報いてもらえなかったときには、裏切られたと怒りや落胆の感情が湧き出てきます。そこからなぜこんな目に合わなくてはいけないのかと自暴自棄になったり、その感情を整えるためにまた多くの精神エネルギーを使ってしまうのです。

他人に期待するとは?

相手に対して自分に何かしらの見返りをくれるものだと当たり前のように考えているから期待してしまうのです。期待することは信頼や感謝の気持ちとはまた異なる性質のものです。

私たちは自分が思っている以上に他人に期待している

自分が期待はずれだったことや人に対して失望したときのことを振り返ってみましょう。そうすると自分が相手に対してどのような期待をしていたのかがわかります。

例えば、部下や後輩に対して仕事を教えたとします。しかし相手はその仕事を全然覚えてくれませんでした。当然あなたはがっかりしますよね。
例えば、昇給や昇進出来ると考えて仕事に一生懸命打ち込んだとします。しかし、人事評価は変わりませんでした。当然がっかりします。

こういう場合は、相手に仕事を覚えてもらうという期待や昇級昇進ができるという期待があったから、それが裏切られたためにストレスがかかるわけです。逆に言えば、自分が求めているものが手に入らなかったことで失望するのであればそれは期待していたということになります。

例えば、電車で席を譲ったとします。しかし相手はお礼の一言も言わずに無言で席に座りました。この時怒りが湧いてくるかもしれませんね。

この場合は相手からの感謝という見返りが欲しかったり、席を譲った自分を認めて欲しいという期待から生じることがあるでしょう。

これ以外にも私たちは大なり小なり何かに期待して生きていることが多いです。

スポンサーリンク


期待しない生き方は我慢することではない

他人に期待しないということは人を信じないということでもなく、自分一人で生きていくということでもありません。いいことも悪いことも穏やかに受け入れるための精神的な器が期待しない生き方なのです。期待はずれな結果となっても、その現実を受け入れて前へ進むことが期待しない生き方です。

見返りを諦めると期待もしなくなる

相手に期待することは相手に何かを求めているということです。自分がやりたくてやっていることに見返りは求めませんよね。期待するということは何かがもらえるのを待っている状態でもあるのでしょう。何かが欲しいという思いは結局のところ自分が欲しいという、自分中心の考えてしかないんですよね。自分が労力や時間、お金をかけて相手に尽くして、その見返りを求めずに与えっぱなしであれば期待することもありません。

最初から期待していなければ、他人からの恩恵は「当たり前」ではなくて「感謝」すべき対象になります。

それでも、無意識的に期待してしまうこともありますが、日頃からあえて期待しないように生きていくことで以下のメリットを得ることができるようになるでしょう。

期待しないことのメリット

人間関係が楽になる

期待しないことで相手との心理的な距離感が程よく維持できます。相手へ期待しすぎてしまうと、その分相手への干渉や関わりを増やそうとしてしまい、相手との摩擦が起きてしまいます。そうなると、自分にとっても相手にとっても苦しくなってしまいます。

また、相手がろくでもない人間であるとわかると期待していない分、関わろうとしなくなります。相手に期待しても無駄だとわかりますので交友関係を断つことができます。相手のことを考えることもしませんので精神的なストレスも軽減されます。嫌な相手とは一切かかわらなくてもいいのです。世の中変な人は必ずいますからね。

他人を許すことができる

期待しない生き方をすると相手の失敗に対しても許すことができます。だって、最初から期待していないのですから。期待しなければ失望することもありません。失望しなければ怒りが湧いてくることもありません。常に心が穏やかに保たれるのです。

そのような気持ちの人は周囲の人からも寛容な人と思ってもらえます。他人を許すことができる人は他人からも許される人になれるのです。

気持ちに余裕ができる

相手に期待すると相手のことばかりを考えてしまいます。それが良いことであっても悪いことであってもです。期待値が高いとそれだけ失敗したときや失望したときのイライラやストレスが増えていきます。期待せずに「ダメならダメでもまぁいいや」という気持ちでいると、失敗したときや失望したときの自分へのダメージも少なく、精神的なストレスも軽減されます。

選択肢が増える

相手に期待しないということは相手を自分の計画の中に含めていないことになります。

例えば、相手が時間を守らない人であれば、この人は時間を守らない人だという前提で自分の予定を組むことができます。相手に期待しなければ、相手がいない前提で様々な選択肢を考えることができるようになります。

相手に期待して、相手が期待通り行動してする予定でいると、自分の予定が相手に委ねられてしまいますので自由な発想ができなくなってしまいますよね。相手に期待しなければ、自分の選択肢は相手ありきではなくなるので自由な行動をとることができるようになります。

まとめ

他人を期待しないことで、自分の好きな人生を歩むことができるようになります。あるがままを受け入れることができれば他人への期待もなくなります。同時に他人からの期待にも自由になれます。他人の批判も気になりません。自分という軸がしっかりと作られ、他人に左右されることなく穏やかな気持ちで生きていくことができるようになれるのではないでしょうか。