言い訳が激しい人を見ると、見苦しいと思ってしまう人が大半でしょう。自分のしたことくらい責任を持つのが、大人のたしなみとも言われているように、そのような人に嫌悪感を感じる人も多いはずです。
では、言い訳が激しい人は、どのような心理で言い訳を繰り返しているのでしょうか。
今回は、言い訳をする人の心理を紹介していきます。

自分は悪くないと伝えたい

単純に責任逃れをしたいと思っている人は、他人に自分は悪くないと伝えたいと思っています。
言葉にしないと伝わらないことはたくさんあります。言い訳をすることによって「自分は悪くないのだ」と他人にアピールをしているのです。
自分の評価を下げたくない人はこのような方法をとることが多いです。

嫌われたくない

嫌われたくないと思っている人も、言い訳が多い傾向にあります。例えば、仕事に失敗してしまった場合、やはりその人に対して「いい印象」を得ることは少ないようです。従って、万が一「嫌われてしまう」こともあります。それを防ぐために自分のせいじゃないと伝えたいのです。

スポンサーリンク


問題から離れたい

とにかく責任逃れをしたいと思っている人も、言い訳をよくします。
問題から逃げたい、責任を取りたくないという心情から、言い訳が出てくるのです。そのような人はいわゆる「事なかれ主義」の傾向にあります。

怒られるのが怖い

特に怖い上司を持つ場合、よく怒られることがあるのではないでしょうか。そのような人から怒られるのを恐れて、あらかじめ言い訳をしようと考えるのです。
言い訳をすれば多少は怒りが緩和されるのではないかという心情から来るものです。

自分の評価が下がるのが怖い

やはり失敗した場合、多少なりとも評価は下がってしまいます。それを防ぎたいがために、言い訳をする人もいます。
例えば「どうしても体調が悪かった」「仕事の根本を理解できていなかった」といった言い訳で、なんとかその場を凌いで評価を下げないようにするのです。

スポンサーリンク


人間関係の悪化が怖い

人間関係で何かをやらかした場合、人間関係が壊れてしまうこともあります。それを隠すために、言い訳をするのです。
極端な例ですが、例えば浮気をしてしまったとして「酒に溺れてしまった」「取引先の相手だった」というような何とか許してもらえそうな言い訳を考えて、人間関係を継続させようとするのです。この例の場合は、離婚されないようにしているのです。
ただし、その言い訳を見て「見苦しい」とちゃんと感じる人には逆効果になることは間違いありません。

認めない限り真実にはならないと思っている

自分が認めない限りは真実にならないと思っている人は、言い訳も多いし、シラを切り通そうとする傾向にあります。
そのような心情を持っている人はばれなきゃ問題ないと思っているので、言い訳はもちろんのこと、様々な悪事をしでかす可能性があります。早急に直すべき心理であると言えるでしょう。

おわりに

今回は、言い訳をする人の心理を紹介しました。
言い訳をする理由は、責任逃れ、関係性保持など様々な理由があります。しかし、言い訳をしてしまっては逆効果な盤面もたくさんあるのです。まずはそれを理解しておく必要があります。
もし、自分に言い訳癖があると感じた場合は、少しづつでいいから、正直に打ち明けることを覚えたほうが、今後のためになるはずです。