上司に対して過度な反論をしたり、敬語を使うことができないような部下はいないでしょうか。そのような部下は、一般的に言うと「生意気な部下」に当てはまります。
上司からしたらストレスの原因以外の何物でもなく、そのような部下は上司からはもちろん、自然と同僚からも嫌われる傾向にあるのです。
今回は、生意気な部下の特徴と対処法を紹介していきます。

生意気な後輩の特徴

先輩の顔を潰す

いわゆる「メンツ」について考えない後輩のことです。
世の中には先輩の顔を立てるため、飲み会で上司を優先して酒を注いだりするわけですが、それができない後輩もいます。それは、「先輩の顔を潰す」行為であり、たとえ無意識だとしても生意気な後輩と思われてしまいます。

さぼり癖がある

さぼり癖がある後輩も、生意気な後輩の可能性があります。
さぼり癖があるということは、そのさぼった分の尻拭いを誰がするのかということを理解していない人が多いです。その尻拭いは、責任者である上司が行うので、上司からは「生意気な奴だな」と思われてしまいます。

敬意を払わない

先輩に対して敬意を払わないような人も、生意気な後輩の特徴です。
先輩に対して敬語で話したり、敬ったりすることは最低限の礼儀です。それができない人は、先輩から見て「礼儀のなってない奴だ」と思われても仕方がないことです。

スポンサーリンク


話を聞かない

上司の話を聞かないような部下も、生意気な部下の可能性があります。
先輩の話を聞くということは、先輩の顔を立てる行為にも、先輩への敬意を払うという行為にもつながります。
従って、話を聞くことができない場合、先輩に対しての礼儀をしっかりと理解しているとは思えないのです。

他人をなめている

他人をなめているとはどういうことかというと、例えば「見下している」。他には「甘く見ている」というような傾向がある人のことです。
それが自分の後輩の場合、先輩として恥ずかしくなるのではないでしょうか。
他人をなめるという行為は、敬意を払うという、出来て当然のことが出来ないことになるので、それはいい印象を与えることはできません。

生意気な後輩への対処法

先輩として舐められないような仕事をする

まず前提として、「先輩と思ってもらう」ことから始めるようにしましょう。
そうすることで、頼れる先輩だなと後輩から思われることで、ある程度は生意気な態度は解消されます。敬語は使ってくれなくても、心の中では先輩を尊敬してくれています。

最初に強く叱る

一番最初に強く怒ることで「この先輩は怖い人だ」という印象を植え付け、舐められないようにする方法です。
これは非常に効果的で、威圧感を出すことによって後輩の態度を制限することができます。

スポンサーリンク


上から目線で指示をしない

上から目線で指示をする上司は、部下から嫌われたり、尊敬されなかったりといいことはありません。そのような態度を自分がまず改めることによって、部下は自分についてくるのです。
舐められないことも大切ですが、「自分も相手も一人の人間である」ということを忘れてはいけません。

あえて匙を投げる

匙を投げる(さじをなげる)というのは、その部下に対して諦めるということです。
もしかしたらそれが部下にとって刺激となって、変わるきっかけになるかもしれません。本当に匙を投げてしまった場合も、ストレスの元がなくなる可能性はあります。

おわりに

生意気な部下の特徴と、対処法を紹介しました。
生意気な部下がいると、仕事に対するストレスも余計に溜まってしまいます。しかも、本来なら溜める必要がないことに対してです。
これは仕事を行う上で改善していきたい点なので、生意気な部下を持った場合、早急に対処しにいったほうが、結局は自分のためになるのです。