頼りになる上司と、頼りにならない上司の2種類の上司がいると思います。上司を見ていたら、なんとなく「いい上司」「悪い上司」というのはわかるはずです。
どうせなら、リーダーシップのあるような頼りになる上司の下で働きたいと思うはずです。その方が、自分の力にもなるし、評価にも大きく関係してくるからです。
今回は、頼りになる上司の特徴について紹介していきたいと思います。

どんな相談にも応じてくれる

どのような相談にも嫌な顔せずに応じてくれるような上司は、頼りになると思うはずです。
相談に応じてくれるということは、自分の仕事やプライベートの時間を割いてまで、部下の話を聞いているという証拠です。そのような行動を取れることこそが、部下のことをしっかりと考えられているという証明です。

レベルに合った挑戦をさせてくれる

自分の能力とかけ離れたような仕事や、マンネリ化するような仕事ではなく、自分のレベルのちょっと上か、同じくらいの新しいことに挑戦させてくれる上司は、頼りがいがあるはずです。
なぜなら、それは自分の力をしっかりと見てくれているということなので、それだけで仕事のアドバイスをもらおうという気持ちになれるのです。

スポンサーリンク


改善策やフォローがある

自分のミスに対して、改善策やフォローがあるような人は、頼りになる上司の特徴です。
仕事の中でなんらかのミスをしてしまうことはあるかと思いますが、きちんとフォローしてくれる上司は部下のことをしっかりと考えてくれている可能性が高いのです。

部下のミスも自分の責任と考える

部下のミスをしっかりと受け止められる人は、頼りがいのある上司です。
自分のミス以外でも責任を追えるということは中々ありません。それなのに、自分のミスの尻拭いをしてくれる上司の姿をみて、「この人についていこう」という気持ちになるはずです。

立場を利用しない

自分が上司であるという立場を棚に上げて、色々と無理難題を押し付ける上司がいますが、頼れる上司はそのようなことは絶対にしません。
きちんと公平な立場で仕事を与え、物事を考えることで、「この人は公平だな」という印象を、部下に与えることができているのです。

部下をよく観察している

いわゆる「部下をちゃんと見ているかどうか」ということです。
部下の仕事っぷりをしっかりと把握している上司になら、「ここはどうすればいいですか」といった内容の相談はすることができます。他にも、自分のことを見てくれていることから、頼りがいのある人だなと感じることが多いはずです。

スポンサーリンク


責任を取れる

どのような事でも、しっかりと責任を持った行動をして、いざというときには責任を取ることができる人は、頼りがいがある上司と感じるのではないでしょうか。
無責任な人よりも、責任感があるような人のほうが、人は間違いなくついてくるのです。

向上心がある

きちんとした向上心がある上司は、頼れる上司の大きな特徴です。
なぜなら、向上心があることによって、仕事のことをしっかりと考えているということに繋がります。
従って、仕事のことはなんでも頼ろうという気持ちになってしまうのです。

おわりに

頼れる上司の特徴をまとめました。
リーダーシップのある上司や、優しい上司、様々な上司が存在しますが、やはり、自分のことや会社のことをしっかりと考えている人こそが、頼りになる上司と言えるのです。
自分も頼りになる上司の姿を見て、しっかりと悪いところを改善し、いずれ、頼りになる上司だと言われるように努力することが大切です。