会社の福利厚生制度で財形貯蓄があるところもあるでしょう。せっかく、会社が作ってくれた制度ですので利用できるものは利用したいですよね。私の感想としては「やって良かった」ですね。今回は財形貯蓄について考えてみましょう。

財形貯蓄とは?

勤務先企業と金融機関が提携して、従業員の給料や賞与から天引きで貯金をしていく制度です。毎月こつこつとしかも強制的に貯金が出来るので、散財しがちな人でも大丈夫です。

財形貯蓄精度について

財形貯蓄は目的別に3つの項目に分かれています。下記の住宅と年金の二つは550万円までの金利が非課税になるという税制優遇があります。

一般財形

 

目的 自由
積立期間 原則3年以上
年齢制限 全年齢
非課税 なし

財形住宅

 

目的 マイホーム購入、リフォームなど住宅取得関係
積立期間 5年以上
年齢制限 55歳未満
非課税 財形住宅と財形年金の合計550万円までの金利が非課税

このほかに住宅ローンを組む際に財形住宅融資制度を受けることができます。

財形年金

 

目的 年金受取
積立期間 5年以上
年齢制限 55歳未満
非課税 財形住宅と財形年金の合計550万円までの金利が非課税

加入要件・方法

 

加入要件 会社に財形貯蓄制度があること
加入方法 会社の総務や経理に書類をもらい、それを提出する。

財形貯蓄のメリット

税制優遇

メリットではありますが正直なところ、財形貯蓄最大のメリットは金利の税制優遇ではありません。金利自体が低いですからね。同じ意味で金利収入も期待できません。

天引き効果

一番のメリットは貯金体質になれることです。給料の天引きで貯金をしますので、自分の手元には貯金をした後のお金しか回ってきません。

つまり、給料が振り込まれた時点で貯金は完了しているので、もらった手取りはすべて使ってもいいということになります。

全てっていうと語弊がありますけれどね。手取りは貯金後の金額と思えば、使ってよい金額がはっきりしていますので、その金額で金遣いを考えればいいってことですよ。

私はここからさらに貯金をするように意識しています。趣味「貯金」といっても過言ではない。

お金の引出にも手続きが必要なので、簡単に引き出すことができません。ちょっとくらいいいやという気軽な気持ちで解約ができませんので、普通に暮らしている分には毎月確実に貯金ができますよ。

月々の給料だけではなく、賞与での設定もできます。毎月2万円、ボーナス(夏・冬)5万円で設定すれば、年間34万円の貯金ができるようになります。

住宅ローンで有利になる

財形貯蓄残高の10倍(最高4000万円)を借入できます。

返済の開始から終了までの全期間、5年ごとに適用金利を見直す5年固定金利制です。

財形住宅融資をご利用いただくためには
・ご自分で所有及び居住するための住宅を建設、購入又はリフォームする方
・一般財形貯蓄・財形年金貯蓄・財形住宅貯蓄のいずれかを1年以上続け、申込日前2年以内に財形貯蓄の預け入れを行い、かつ、申込日における残高が50万円以上ある方
・勤務先から住宅手当・利子補給・社内融資などの援助(負担軽減措置)が受けられる方であることなどが必要です。

住宅金融支援機構より引用

財形貯蓄のデメリット

金利が低い

非課税のメリットはあるかもしれませんが、そもそも金利が低いです。ですので、財形貯蓄で投資効果を狙うというのは難しいでしょう。あくまで、貯金をするとためのものと割り切って取り組みましょう。

まぁ日本での貯金全般はそうですね。

解約しにくい

むしろメリットかもしれないとも思いましたが、解約には手続きが必要になります。一般財形であれば解約理由は不要ですが、住宅や年金は目的外の解約が難しいです。目的外で解約をするとそれまでの金利非課税分がさかのぼって課税されますので注意しましょう。

100万円までの道

私の場合

私は毎月2万円、賞与(夏・冬)5万円で設定しています。

これで年間34万円の貯金ができます。3年で102万円を財形のみで貯めることができます。天引き効果で簡単に貯まりますよ。

財形だけだと、いざという時にすぐに引き出せませんので、楽天銀行の定期預金と組み合わせて設定しています。楽天銀行の定期積立はネット上でポチポチすれば解約できますので簡単です。

友人の場合

私の友人はもっと積極的でした。もともと貯金ができずにある分使ってしまう人だったのですが、財形貯蓄のおかげでハイスピードで貯金しています。

彼の場合は毎月5万円、賞与(夏・冬)20万円!

独身だからできるんだろうなぁと思うけれど、手取りも地味に減っちゃうから大変だと思うのです。

手取りが減ったとしても、年間100万円の貯金ができます。それ以外はすべて使ってしまうそうです。でも十分ですよね!

まとめ

金利が低いのでお金を増やしたいという人には不向きとなります。財形貯蓄のメリットは天引き効果です。元本保証ですので、価格変動を気にする必要もありません。
自分で全部管理できるのであれば問題ないかもしれませんが、新社会人となった人や浪費癖がある人は貯金体質を身に付けるためにも財形貯蓄を活用してみましょう。

会社に財形貯蓄制度がない会社は定期積立で貯めることができます
もっとお金を増やしていきたいという人は個人型確定拠出年金や積立投資信託もおススメです