薄っぺらい人とはどのような人のことかを言うと、言葉に表現が少なく、自分の意見でないようなことを言ったり、実現できるかわからないような軽い言葉をつらつらと述べる人のことを言います。
薄っぺらい人の言っていることは総じて信用がなく、次第にその人自身の信頼もなくしてしまいます。
今回は、薄っぺらい人の特徴について紹介していこうと思います。

会話の内容が何かの受け売り

いわゆる「自分の意見ではないこと」を伝えようとしている人は、薄っぺらい人間だなと思うことがよくあります。
自分の意見を伝えるのは、思ったことをそのままいうだけだから簡単ですが、何かの受け売りを話すときはどうしても言葉が濁ってしまい、その様子を見て「薄っぺらい人だな」と感じられてしまうのです。
また、自分の考えではないので、感情をこめて話すことができないことも原因のひとつです。

興味の対象が狭くて浅い

興味の対象が狭くて浅い人は、どうしても薄っぺらい言葉が多くなってしまいます。
なぜなら、その興味に対して深く知ろうとしていないため、どうしても浅い知識で終わってしまうのです。
そうなってくると、その話が薄い内容に聞こえてしまうことは必然なのです

スポンサーリンク


無感動

無感動とはどういうことなのかというと、物事に対して感銘を受けづらく、頭の中に入らないような人のことです。
感動したことを話す場合、本当に感動した事実を話すことによって、感情的な部分もしっかりと人に伝えることができます。しかし、感動しないとそういったことが伝えられないので、それを聞いた人は「薄っぺらい人だ」という印象を持ってしまうのです。

外見だけで全て判断する

外見だけで全て判断してしまう人も、薄っぺらい人の特徴です。
物事を外見だけで判断するということは非常に視野が狭く、その物事の芯から学ぼうとしていないのです。
その癖がついてしまって、どんどん薄っぺらい人へと近づきます。

面倒なことを投げ出す

面倒なことから逃げる人も薄っぺらい人の特徴です。面倒なことを努力して、初めて力となり、会話の幅も広がるのですが、薄っぺらい人は面倒なことから逃げることによってそのチャンスを失っているのです。

言葉に重みがない

一般的に薄っぺらい人といえば、まずこの言葉が思い浮かばれるのではないでしょうか。
具体的に言うと、例えばたくさん嘘をついた人の言葉は信じることができなくなり、言葉に重みがないということになります。

スポンサーリンク


大したことない自慢話が多い

どうでもいいような自慢話が多い人も、薄っぺらい人間の可能性があります。
自分を語れるようなことがその「大したことのない自慢」しかないことが原因です。

すぐに意見が変わる

意見がコロコロ変わる人は信用ならないのと同じで、どうしても薄っぺらい人間という印象に結び付けられます。
コロコロ意見が変わる人は「自分の意見に責任を持っていない」ということにもつながるので、そのような人を信じることはできないのです。

口先だけで行動しない

口先だけで行動をしないということは、極端な話「嘘をついている」ということにも繋がります。従って、嘘をつく人の言葉は信用できなくなるのと同じで、その人自身も薄っぺらい人だという印象を持たれてしまいます。

おわりに

薄っぺらい人の特徴をまとめました。総じて薄っぺらい人は、人間として信頼がなく、それは会話のちょっとした話からわかることができます。また嘘をついていない、誠実であるなどの長所がないため、どうしても薄っぺらく見られてしまうのです。
この記事の特徴と自分を当てはめていって、改善することが必要です。