何かモノを買う時は自分が欲しいと思ったものを買いますよね。それは自分の価値観が買うべきものだと判断しているからです。その価値観が間違っていると、必要のないものを買ってしまったり、貯金ができなかったりしてしまいます。
もし、お金の貯まらない価値観を持ったまま生活をすると貯金ができないどころか借金まで作ってしまうことにもなりかねません。

 

お金の使い方が正しいか見直す

いくらお金を使ったかよりも何にお金を使ったかが重要です。生きたお金の使い方をすると生活に張りが出ますし、自分のスキルアップにも繋がります。しかし、何も生み出さない何も将来に繋がらない使い方をするとただの浪費で終わってしまうのです。「自分にとってこの買い物は将来に繋がるお金の使い方なのか」を考えながらお金と向き合うことができます。

意味のあるお金の使い方をすれば、使った以上のリターンが帰ってきます。それは直接お金として帰ってくる場合やスキルアップや人間関係の構築として返ってくることもあるでしょう。

お金の使い方にも種類がある

貯金に関する情報を探してみると、お金の使い道には消費・浪費・投資の3つに分かれると書かれていることは多いです。もうこの消費・浪費・投資に分かれるという時点で私は目から鱗でした。自分の今までの支出はどれに分類されるのだろうかと振り返ってみるとかなり参考になりますよ。

消費とは

消費に分類されるのは生活費全般です。食費や家賃、水道、電気、ガス、服やインターネット代などです。消費は生きていくために必要な支払いです。

支払金額=買ったモノの価値

で考えることができます。

消費はゼロにすることは難しいです。ただ、定期的に見直しをすることで減らすことができます。

浪費とは

浪費は生活に不必要なもの、意味のない支払のことです。嗜好品や過度な食事や必要以上に高い服、カードローンなどで遊ぶために借りたお金の金利も浪費に含まれるでしょう。もちろん生産性はありません。自分の欲求を満たしたりや見栄を張ったりするために支払ったものです。

支払金額>買ったモノの価値

支払金額よりも将来のことも含めて自分に利益がなかったと思えるものも浪費と考えても良いでしょう。また、自分の失敗が原因で支払ってしまったものも浪費ですね。例えば、飲み会の帰りに終電を逃してタクシーで帰ったり、ビジネスホテルや漫画喫茶に泊まったという場合もその支払いは浪費だったと考えてよいでしょう。終電を逃さなければ発生しない支払ですからね。

投資とは

投資は生活に必要とはいえないが、将来の自分にとって利益がある生産性の高い使い道を言います。資産運用以外にも本を読んだりスクールに通うなどのスキルアップも自己投資です。また将来の備えのために貯金をすることも投資となります。

支払金額<買ったモノの価値

投資の考え方は想像以上に幅広いです。自分が将来のためと思えば全部投資に分類できてしまいます。

投資への分類はシビアにしよう

例えば、食事を例にとっても、人脈を広げるための食事であれば、その食事会への参加は交友関係を広げる投資になります。趣味もストレス解消やリフレッシュへの効果があるものであれば、今後の自分への投資といえるでしょう。新聞や書籍、勉強会代も知識や教養を身に付ける自己投資です。

しかしこれでは自分が『投資』や『消費』だと思えばすべて浪費から除外できてしまうのです。支払金額が必要以上であり将来に渡っても自分の利益に繋がらないのであれば、気持ちは投資であっても浪費と考えましょう。例えば、人脈を広げるための食事だと考えていても会費だけで〇〇万円するよ食事会だと、参会者のレベルや実際に人脈を広げることができたのかの実績が必要でしょう。実績のない会食は浪費になります。ただ、ごはん食べただけですからね。同じ人脈を広げる理由で合コンへの参加も投資と言い張ることもできますが、これもその合コンがきっかけで次に繋がるかどうか、実績が残せたかどうかで考えるべきでしょう。

使い方を振り返り自分の価値観を見つめなおす

今後減らしていくべきは浪費ですよね。ムダをカットすることが貯金を増やしていく鉄則です。消費の中にも改善する点は含まれているかもしれません。

まとめ

稼いだお金を使わないという原則に従いながらも、バランスよく消費をして、投資を積極的に行いましょう。消費や浪費を見直してお金が作れたらそれを投資に回していくのです。このサイクルを繰り返して、お金への価値観を修正できれば心穏やかになれそうですね。